2009年11月15日

猫にとって危険な植物について

20091115-1.jpg前回の記事(ネムがザミアにかじりつく内容)をご覧いただいた方から、ネコと植物に関する情報をいただきました。

ソテツ科のザミアは、猫にとって有毒とのこと。
私もネムのことが心配になり、ちょうど健康診断の時期でしたので獣医さんへ聞いてみたところ、数日経って異常なければ大丈夫とのことでした。

ネムと暮らすようになって、大好きなアロマを断ったりと気をつけていたのですが
植物にはそういう意識がありませんでした。

マンション猫のネムにとって、自然の植物を部屋に入れることは良い事だと思い込んでしまっていました。。

紫陽花や、こないだ枯れたバッサイアも!これから育てようとしているヒヤシンスも超危険です。去年無事で良かった・・・
案外身近に存在する植物が有害なことに、ビックリです。

メッセージいただいた方からお知らせいただいたアドレスを掲載しておきます。
http://www.nekohon.jp/neko/donteatplants.html
<里親募集掲示板あり>

お知らせいただき、重ねてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。



ラベル:インテリア
posted by ネムクレエ at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫と暮らす_お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有毒植物について、ちゃんと調べてあるサイトがあったんですねェ〜!
早速、お気に入りに入れさせて頂きましたヨ。

自分が好きなユリ科・キンポウゲ科・ナス科の植物に
有毒が多いのは知っていたので気を付けていたのですが、
改めて勉強になる内容で感謝してます。

ガーデニングとフラワーアレンジが趣味の私にとっても、
動物の有毒植物誤食は頭の痛い問題です。
外の世界で親猫から色々教わった子猫には、多分起こらない問題なんでしょうから…

ノラ猫の餌場に置き去りにされ、他の猫たちに無視されて育ったらしい友乃には、
また警戒心が薄い性格からしても、そういう知識や意識はないでしょう。
代々室内飼いの猫も、同じかもしれません。
でも人間が教えられる範囲には限りがあると思うので、
心配なら猫から離して栽培・観賞するしかないと、私なりに考えてます…

長くなってしまいましたが、怖い毒話をもう一つ。
切花の葉には、農薬がいっぱいかかってるんですよ。
食用ではないし、見た目の美しさが重要なので、厳しい規制がないらしいのです。

花農家さんから聞いた話によると、
農薬は、蕾が出るまでは温室天井のスプリンクラーから定期的に散布。
水遣りは、土中に埋めた菅から自動潜水。
なので、葉に付いた農薬は水や雨で流されることはないとか。…おぉ危険!

自分で植物を育てている人にはわかるでしょうけど、
菊とかバラとか、無農薬で花も葉も綺麗に作るのは無理に近いですもん。

でも猫飼いは、メゲてはいけません!
お互い、幾多のハードル乗り越えていきましょうネ!!


Posted by ゆのまま at 2009年11月16日 14:50
こんばんは〜

ほんと頭の痛い問題ですね。。
ザミアには最初だけ興味を示しただけだったので
主人と相談してとりあえず様子を見る事にしました。
これからは、猫草栽培にいそしみます。

切り花も怖いんですね!!
これからは、むやみに買わないようにします。。

お互いに気をつけながら出来る範囲で
生活を楽しめるよう頑張りましょうね★^^
Posted by ネムクレエ at 2009年11月21日 23:54
ネムクレエさん、なんか怖がらせちゃったようでゴメンナサイ。。。

色々と危険は多いですけど、猫に見つからないようにすればいいわけで、
私も、自分の欲求と友乃の間で日々格闘してますですヨ。

今日も、私が昼寝していた間に
友乃がアイビー(有毒!)の葉をかじって毛玉を吐いてましたし、
玄関のアレンジ生花は常に狙われています。。
(ちなみに今週のアレンジは、ユリ(有毒)とバラ(農薬まみれ!?)のホワイトクリスマス風^^)

友乃が乗れない場所に飾ってありますが、
気になって気になって仕方ないようです。。。
Posted by ゆのまま at 2009年11月24日 20:29
いえいえ、そんなことないですよ*^^*
ネムの気をそらすよう、猫草を置いていますし
あまり神経質にならず、うまく付きあっていきたいと
思っています☆

いろいろ教えていただいて、助かっています^^
ありがとうございます。
Posted by ネムクレエ at 2009年11月27日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。